この記事の筆者

名前:あつし 資格:外壁管理アドバイザー

シロアリは本当に危険です。知らずのうちに家を蝕み、気がついたら取り返しのつかないことになります。我が家でも、ずっとほったらかしにした結果、シロアリ被害に遭いました。読者様も早めに対策されることをオススメします。まずは無料見積もりからご検討ください。▶筆者あいさつ⇒こちら

 

思いもよらぬところからシロアリが!振り返れば、やつはいる?

 

こんにちは、あつしです。

僕の実家はシロアリ被害にはあっていなかったのですが、安心のために防蟻工事をしました。

そのためか、シロアリの防蟻工事に関しての相談を受けることがあります。

今回、防蟻工事ではないのですが、僕の友人の家がシロアリ被害にあってしまったのです。

 

めったにない体験(こんなことを言うのは失礼ですが)なので、サイトに体験談を掲載してもいいですか?と訊ねてみました。

本人からもOKをいただくことができてので、実際にあったシロアリ被害とその駆除についてお話しようと思います。

 

最後には有効なシロアリ駆除の方法についてもお伝えしようと思っているので、楽しみにしていてくださいね。

 

基本情報をお伝えします

 

シロアリの被害にあったという実体験の話の前に、被害にあったのがどのような家だったのかということをお伝えします。

 

あつし
今回、大変な目にあったんだよね?
Sさん
そうなの。

まさか、シロアリが出るなんて思ってもいなかったわ。

 

あつし
だよね・・

僕も防蟻工事はしたけど、実際に見たことない。

ひょっとして、見た?

 

Sさん
やめて~

あれは、かなりショックだったんだから。

たしかに家は古い木造住宅だけどね・・・

 

Sさんの家は昭和40年代前半に建てられた木造2階建て

15年ほど前からご主人の闘病や義理のお父さんの死去などで家のメンテナンスがほとんどできていない状態でした。

 

義理のお母さんの「基礎はしっかりしているから、三代は持つ」という言葉を信じて、特に手入れをしていなかったという部分もあったそうです。

地震や台風があっても、特に不具合はなし。

 

一時期、屋根の瓦がずれていたことで雨漏りが発生したのですが、それに関しては修理もすませているということでした。

昭和の時期によく建てられた一戸建てというイメージを持ってもらえれば間違いないでしょう。

 

始まりは1年前

 

今回、シロアリがみつかる原因となったのは、縁側に設置してある窓の不具合からだったそうです。

1年前の夏、突然、窓ガラスが外れるというトラブルが発生しました。

夜だったので、無理やり敷居に戻して、窓が落ちて割れないように雨戸を閉めてしのいだということです。

 

Sさん
あれはホントにビックリしたのよ。

夜、窓が外れるのよ!

窓ガラスは網戸で固定していたから、勝手に外れたりするはずないのに・・・

 

あつし
ホント、凄い体験したんだね。

実際、見てないから何とも言えないけど、マンガでもそんなことってない、よね?

 

Sさん
マンガと一緒にしないでよ。

本気で焦ったんだから!

 

この時は近所の建具屋さんに依頼して、応急処置的に修理をしてもらったというのです。

もっとも、この時に窓ガラスを入れ替えするならどれくらいかかるのか、ということは訊ねたそうです。

その時は建具屋さんも「急ぐことはないんじゃないか」という感じだったので、それっきりになったというわけです。

 

その時のSさんの本音は、ホームセンターでカタログを見たら、50万以上もかかるということでちょっとためらったんだとこっそり教えてくれましたがね。

でも、網戸の枠が傷んでいることは気になっていたみたいです。

 

上の写真は最近のものですが、網戸の木枠部分です。

これを見て、何かに気が付いた読者様もいるかもしれませんね。

Sさん自身は網戸が傷んでいたり、窓の修理がその場限りのものなので気にはなっていても、費用のことでちょっと二の足を踏んでしまったそうです。

 

その結果がどうなったのか・・・

続きも読んでくださいね。

 

シロアリとまさかの遭遇

 

窓ガラスが突然外れるというトラブルがあってから1年。

その間も建付けが悪くなっているのか窓のカギが締まりにくかったり、雨戸がうまく動かないということが続いたそうです。

 

こんなことを続けていても仕方がない。

 

思い切って、Sさんは縁側の窓ガラスの修理をすることを決めたんです。

早速、去年お願いした建具屋さんに連絡。

窓に使っているガラスは1枚板のものなので、できれば再利用したいという希望も伝えました。

 

見積もりはサッシ窓に変更するものと、今までと同じ木枠にするものの2種類がきました。

どちらにしても30万~40万。

ただし、サッシ窓にすると網戸も交換できる(ガラスの再利用は不可でしたが)というのが決め手になって、サッシ窓に変更するということを決めたそうです。

 

後日、改めて建具屋さんがサイズなどを測るためにやってきたとき、事件は起こりました。

一人の人が「ひょっとしてシロアリいるんじゃないか?」と言いながら柱をコンベックスでゴリゴリ。

すると、柱の中から白い虫がモゾモゾと出てきたというのです(ヒエェ~)

 

Sさん、その日は出かける前だったというのとシロアリが出たということでパニックになったんでしょう。

写メの撮影しなかったのですが、その翌日に問題の柱の写メを撮りました。

 

 

シロアリの姿は見えませんが、どうみてもこれって蟻道ですよね。

本人も前日にシロアリを見ているので間違いありません。

そして、建具屋さんに言わせると、縁側の下の横木もシロアリの被害にあっているのではないか、ということでした。

 

消毒?

駆除?

防蟻?

 

そんな言葉が頭の中でグルグルしたというのですが、僕もその立場になれば間違いなくそうなっただろうな・・・

 

駆除するべきか防蟻をするべきか

 

今まで僕はシロアリのことをいろいろ調べてきました。

そして、実家のリフォームでは防蟻工事をするという選択もしました。

それらの知識からこれだけはハッキリと言うことができます。

 

シロアリを確認した以上、駆除するしかない

 

なぜなら、シロアリは放置しておくと家の中の木材を食い荒らしてしまいます。

当然、家が倒壊してしまう可能性もあります。

そんなことになっては大変なのは当然ですが、シロアリは近所に広がる可能性もあるのです。

 

今までシロアリのことについていろいろと調べてきたので、シロアリ駆除に関しては業者を利用するべきだというのが僕の持論です。

また、その時におススメできる業者も間違いなくあります。

 

実態|シロアリ110番なら安心? 評判や口コミを暴きます

2019年4月17日

 

ただ、今回のSさんのパターンは自分でシロアリを見つけたのではありません。

家の修理を依頼した建具屋さんが見つけてくれました。

この場合は建具屋さんとしての横のつながりで業者を紹介されるかもしれません。

 

シロアリを見たことでビックリしたSさんはどうしたらいいのか僕に相談してきました。

この理由は僕が防蟻工事を経験して、知識があると思ってくれたからに違いありません。

だからこそ、僕はシロアリ業者に見積もり依頼をすることをすすめました。

見積もりを取るだけなら無料ですし、断っても問題ないですから。

 

今回、シロアリがみつかったということはSさんにしてみれば信じられないことだったでしょう。

でも、木造の家で10年以上メンテナンスをしていなければ、何らかのトラブルは間違いなく発生します。

 

Sさん
住めない状態になる前にみつかって、よかったのかもしれない

 

Sさんはこんなことを呟きましたが、これは間違いなく本音でしょう。

これから窓の修理とシロアリの駆除がどういう風に進んでいくのか、リアルタイムでお伝えしたいと思っています。

業者に見積もりを依頼すれば、シロアリ駆除と防蟻工事はセットになったものを出されるかもしれませんね。

費用を見て、またSさんが悲鳴を上げるんじゃないかとそれが心配になっています・・・




←実際シロアリに食い荒らされた家
シロアリ点検はお早めに!

「自分は大丈夫でしょう」と思っている方はかなり危険です。被害が出てからでは手遅れになってしまいます。まずは無料の見積もりからすぐに行動することをオススメします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA